×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自動車保険 ネット

「ダイレクト型(通販型)」と「代理店型」の違いを知る

「ダイレクト型」自動車保険とは、インターネットを介して契約者と保険会社が直接契約を結ぶ自動車保険のこと。「通販型」とも呼ばれます。

 

1998年に保険業法が改正され、各保険会社が保険料を自由に設定できるようになったのをきっかけに普及しました。以降、保険料の安さと契約の手軽さで人気を集め、現在では数十社がダイレクト型の自動車保険を展開しています。

 

一方、「代理店型」自動車保険とは、保険業法が改正される以前に一般的だった代理店を通して保険会社と契約する自動車保険のことを指します。一般的に「代理店型」と呼ばれダイレクト型と区別されています。

 

それぞれのおもな特徴を下にまとめたので、確認してみましょう。

 

 

「ダイレクト型」自動車保険の特徴

  • 取扱商品

    インターネットから加入申込みができる保険や、ダイレクト型ならではの割引が存在します。一般的に、代理店型よりも保険料は安く済みます。

  • 相談・見積もり

    電話メールでのやり取りが中心になります。自分で情報収集をして担当者に質問したり、相談や見積もりを依頼することになりますが、納得できるまでプランを比較・検討できるのが魅力。

  • 申込み等の諸手続き

    申込み手続き等は、郵送やインターネットを使って行います。店舗に出向く必要がなく空いている時間に作業できるなど、忙しい人でも手続きしやすくなっています。

 

 

「代理店型」自動車保険の特徴

  • 取扱商品

    生命保険など、自動車保険以外の保険も一括して取り扱っている代理店もあり、保険全般をまとめて契約することもできます。

  • 相談・見積もり

    店舗の担当者と対面で保険に関して相談でき、プロのアドバイスを受けながら補償内容を検討できるというメリットがあります

  • 申込み等の諸手続き

    担当者が、ほとんどの手続きを代行してくれるので、手間を省くことができます。

 

 

「ダイレクト型」自動車保険の安さのヒミツ

「ダイレクト型」自動車保険の最も大きな特徴は、保険料の安さです。それでは、なぜダイレクト型自動車保険は保険料が安くなるのでしょうか?これを理解するためには、自動車保険の保険料のしくみについて知っておく必要があります。

 

自動車保険の保険料は「純保険料」「付加保険料」という2つの要素に大別されます。純保険料は、契約者に対して保険金を支払うための原資として利用されます。一方、付加保険料は保険金の支払い以外に必要な、広告費、人件費、代理店手数料、店舗経費などの会社の運営に充てられるものです。

 

このふたつのうち、安さの決め手になるのは付加保険料。ダイレクト型自動車保険は電話やインターネットで契約を行なうため、必ずしも店舗を持つ必要がなく、その経費や店舗運営に伴う人件費、代理店手数料といったコストを抑えることができます。こういったコスト削減により付加保険料を抑えて割安な保険料を実現しているのです。

 

 

「ダイレクト型」と「代理店型」の保険料のしくみ

 

 

 

 

自動車保険の保険料をとにかく節約したいと考えるなら、保険会社と直接契約する「ダイレクト型」の自動車保険がおすすめ。「代理店型」に比べて、大幅に保険料が安くなるケースがあります。
まずは、インターネットで見積もりを依頼してみましょう。保険会社によって保険料に差があるばかりでなく、年間走行距離に応じて割引き率を設定したり、ロードサービスに力を入れたりと、保険会社ごとに特徴があります。できるだけ多くの保険会社に見積もりを依頼し、比較するのがコツです。

 

「ズバット 自動車保険比較」にはこんな便利な機能があります

「ズバット 自動車保険比較」には、自動車保険の見直しをサポートする便利な機能がたくさんあります。上手に使って、自分にぴったりの自動車保険を選びましょう。

比較がもっと簡単に

- 見積もり比較機能 -

 

各保険会社から届いた見積もりを見比べられる!

見積もりを予約

- 見積もり予約機能 -

 

満期日の60日前になると自動で見積もり!

入力時間をぐっと短縮

- 入力短縮機能 -

 

ズバットIDで入力時間をぐっと短縮できます!

満期日を毎年お知らせ

- 満期日お知らせメール -

 

自動車保険の満期日が近づいたときにお知らせ!

 

 

 

自動車保険リンク集